新着情報

ニカラグア教育担当者のみなさんと遠隔会議を行いました。 ニカラグア教育担当者のみなさんと遠隔会議を行いました。

2021.07.15

中央アメリカに位置する国、ニカラグアにはマナグア湖があり、工業廃水による水銀などの水質汚染が環境問題となっているそうです。この度、マナグア湖環境教育担当者(JICA帰国研修員、マナグア市役所、教育省)であるみなさんが、びわ湖フローティングスクールの教育活動に興味を持ってくださり、「うみのこ」でのびわ湖学習について、「Teams」による遠隔講義を通訳を交え行いました。船内で、プランクトン観察を行い、うみのこ図鑑を使って種類を特定すること、びわ湖の水の透視度調査を行い、南湖と北湖の水や、環境が悪化していた40年前の水を再現した水と比べること、また、水のよごれ回復実験を行っているということを、ニカラグアのみなさんに見ていただきました。ニカラグアの子ども達にもこのような体験をさせてあげたいと、興味深く見ておられました。フローティングスクールの取組が世界に広がり、環境悪化を食い止めていければと思います。

ページトップへ