平成28年度 第2回「湖の子」体験航海
                                               2月4日(土) 開催
  乗船予定だった全ての小学5年生に「うみのこ」への乗船の機会を提供し、心身ともに健やかな児童の育成を図るため、昨年度および今年度の児童学習航海に参加できなかった児童や、航海の途中で下船した児童等を対象とした、「湖の子」体験航海を年間2回計画しました。 
 そして2月4日(土)に平成28年度2回目の「湖の子」体験航海を実施しました。
 
     
【航路】 大津港 〜 (南湖) 〜 (沖島水道) 〜 大津港
開講式
  開講式では、「湖の子」周航歌『希望の船』を歌い
ました。フローティングスクール所長のあいさつ、フロ
ーティングスクールの先生、滋賀の教師塾塾生のみ
なさんの紹介の後、航海の予定などを確認しました。
参加したみなさんは緊張した表情でお話を聞いていま
した。
班交流
 班を担当するフローティングスクールの先生や塾生
の方と一緒に自己紹介と名札づくりをしました。初め
ての出会いで緊張しながらも、簡単なゲームなどを楽
しむことで気持ちがほぐれてきました。
出港見学(大津港)
 
響き渡るドラの音とともに大津港を出港しました。希
望者全員がドラを鳴らしました。そして、琵琶湖疏水
や比叡山など大津港周辺の様子を展望しました。
 
船内見学(1)
 「うみのこ」船内を見学しました。見学前には、緊急
時の避難の仕方や救命胴衣の着用方法を聞きました。
1階を見学したときに、実際に救命胴衣を着用する
体験もしました。
船内見学(2)
 4階では、船を操船する操舵室の様子や魚群探知
機、展示されている児童の作品、「うみのこ」の建造を
解説した写真などを見学しました。
南湖展望
 澄み渡った青空の下、3階甲板に出て堅田付近の
様子を展望しました。浮御堂や堅田漁港、伝統漁法
のえりなどを見ることができました。特に琵琶湖大橋を
くぐるときは、普段見ることができない橋の様子を興味
深く眺めていました。
レクリエーション
 滋賀の教師塾塾生のみなさんの進行により、全員で
レクリエーションをしました。自己紹介を取り入れたゲ
ームや、ジェスチャーで伝えるゲームなどを通して、親
交を深めました。
展望活動(沖島)
 学習船「うみのこ」は沖島水道を通過しました。湖上
の心地よい風を感じながら、沖島小学校や沖島漁港
などを展望し、沖島の特徴や、人々の暮らしについて
知ることができました。
びわ湖環境学習(プランクトンウォッチング)
 出港前に大津港で採取したプランクトンを、顕微鏡を
使って観察しました。たくさんの植物性プランクトンが
いる中をゾウミジンコなどの動物性プランクトンが元気
よく動く様子に興味津々でした。
びわ湖環境学習(シジミのストラップづくり)
 琵琶湖で採れるシジミの貝がらを使って、ストラップ
を作りました。同じように琵琶湖の固有種である細長
いササノハガイや淡水真珠の養殖に使われる大きな
イケチョウガイの標本を見て、貝類の豊富さを学びまし
た。
甲板みがき
 琵琶湖の水がまかれた3階甲板をヤシの実で一所
懸命に磨きました。広い甲板もみんなで力を合わせて
きれいにすることができました。

〒520−0047 大津市浜大津5丁目1−7
  
滋賀県立びわ湖フローティングスクール 
TEL077−524−8225  FAX 077−524−8226