平成28年度 第1回「湖の子」体験航海
                                               10月1日(土) 開催

〒520−0047 大津市浜大津5丁目1−7
  
滋賀県立びわ湖フローティングスクール 
TEL077−524−8225  FAX 077−524−8226

     
【航路】 長浜港 〜 (竹生島) 〜 (白石) 〜 長浜港
開講式
 
開講式では、「湖の子」周航歌『希望の船』を歌いました。
所長あいさつ、所員、サポーターの方の紹介の後、航海の
予定などを確認しました。参加したみなさんは、少し緊張し
た表情でお話を聞いていました。
班交流
 
班を担当するフローティングスクールの先生やサポーター
の方と一緒に自己紹介と名札づくりをしました。班のメンバ
ーと楽しく話をする中で、緊張も少しずつほぐれてきました。
出港見学(長浜港)
 
響き渡るドラの音とともに長浜港を出港しました。希望者
全員がドラを鳴らしました。平成28年度第1回「湖の子」体
験航海が始まりました。
船内見学
 
「うみのこ」の船内を全員で見学しました。4階の見学室で
は、船を操船されている様子や乗船児童の展示作品を見学
しました。また、1階の活動室で、もしもの時に備えて救命
胴衣を着る活動もしました。
レクリエーション
 
「湖の子」サポーターさんの進行で、「びわ湖クイズ」をしま
した。3人一組になって新聞紙の上に乗り、正解するとその
まま、間違えると新聞の広さが半分になっていきます。楽し
く活動することができました。
展望活動(竹生島)
 
学習船「うみのこ」は竹生島を一周しました。湖上の風を
感じながら、お寺や神社、鳥居などを見ました。また、展望
放送で、カワウが竹生島の樹木に与える影響を聞き、カワウ
と人間との共生についても考える機会となりました。
昼食
 
昼食は、名物となっている「湖の子」カレー、ポテトサラダ
、りんごヨーグルトでした。「湖の子」カレーには、滋賀県産
の豚肉や環境こだわり米が使われています。滋賀の食材を
おいしく楽しくいただきました。
展望活動(白石)
 
4つの大きな岩からなる、びわ湖で一番小さな島です。こ
の白石という名前は、岩の表面が白く見えることからつけら
れました。普段、湖岸からは見られない白石を間近で展望
することができました。
びわ湖環境学習(プランクトンウォッチング)
 
出港前に長浜港で採取したプランクトンを、顕微鏡を使っ
て観察しました。ビワクンショウモやボルボックスなどの植物
プランクトンの他にも、ミジンコなどの動物プランクトンを見つ
けることができました。
びわ湖環境学習(シジミのストラップづくり)
 
びわ湖でとれるシジミの貝殻を利用して、ストラップづくりを
しました。また、びわ湖の固有種である大きなイケチョウガイ
や細長いササノハガイの標本も見て、貝について学びまし
た。
甲板みがき
 
3階の甲板みがきをしました。ヤシの実を使って、びわ湖
の水がまかれた甲板を一所懸命に磨きました。広い甲板も
みんなで力を合わせてきれいにすることができました。

  県内の全ての小学5年生に「うみのこ」への乗船の機会を提供し、心身ともに健やかな児童の育成を図るため、昨年度および今年度の児童学習航海に参加できなかった児童や、航海の途中で乗下船した児童等を対象に、「湖の子」体験航海を年間2回実施しています。 
 平成28年度第1回「湖の子」体験航海を 10月1日(土)に実施しました。