平成28年度「うみのこ」見学会を実施しました。


  「うみのこ」は、滋賀県の小学5年生が1泊2日で乗船し、琵琶湖の環境について体験的に学んだり、複数の学校で乗船することによって他校の児童とも交流を深めたりすることができる学習船です。昭和58年の就航以来、33年を過ぎ、乗船児童数も51万人を超えました。これは、滋賀県民のおよそ3人に1人の方が乗船したことになります。
 その「うみのこ」を広く一般に公開し、どんな施設でどんな活動をしているかを見学したり、これまでに乗船された方々が思い出を語り合ったりしていただく機会として、8月5日(金)大津港にて「うみのこ」見学会を実施しました。
  大人の方から小さいお子さんまで、たくさんの方が見学に来てくださいました。参加者数は、午前の部は343名、午後の部は267名、合計610名でした。参加者には、自由に船内を見学してもらったり、プランクトンウォッチングや「湖の子」水調べ、ヨシ笛づくり、南湖の展望などのびわ湖環境学習を体験してもらったり、救命胴衣を試着してもらったり、フローティングスクール事業を紹介するテレビ番組を視聴してもらったりもしました。
  「滋賀に暮らしていて、普段子どもが琵琶湖で遊ぶことがあまりないので、『うみのこ』での取組が子どもの琵琶湖への愛着を養い、滋賀への郷土愛を育むと思うので、本当に良い活動だと思いました。」「『うみのこ』には乗船したことがありましたが、何十年も前の事で、懐かしくなり見学会に参加しました。先月、娘も学校から乗船させていただき、とても楽しかったようで、今回は親子で参加しました。素晴らしい伝統だと思うので、ずっと続けていただきたいです。」など、見学された後たくさんの励ましの感想をいただきました。改めて学習船「うみのこ」への関心の高さや期待を感じるとともに、親子二代に渡って乗船されたという声から「うみのこ」の歴史を感じました。そして今後も滋賀の子どもたちが琵琶湖の美しさや雄大さを直接感じ取ることのできる場として、また環境について考える大切な機会として、児童学習航海のさらなる充実に努めていきたいと考えています。


〒520−0047 大津市浜大津5丁目1−7
  
滋賀県立びわ湖フローティングスクール 
TEL077−524−8225  FAX 077−524−8226